• 大手前栄養製菓学院専門学校公式サイト
  • サイトマップ
  • サイトポリシー

TOPへ

病院で働く大手前栄養製菓学院卒業生の1日レポート

患者さんの目線を忘れず実践し続けられることを提案しています

管理栄養学科卒業生勝本さんのメイン画像1

糖尿病やさまざまな生活習慣病を抱える患者さんに栄養指導をするのが、毎日の重要な仕事のひとつ。自分でも実践しながら、常に患者さんの目線に立って、続けていけることを提案するようにしています。

管理栄養学科卒業生勝本さんのメイン画像2 管理栄養学科卒業生勝本さんのメイン画像3

勝本真理さん(大阪府立清水谷高等学校出身)

大阪福祉事業財団すみれ病院栄養課勤務、管理栄養士。
アットホームな働きやすい職場で、日々やりがいのある仕事に取り組んでいる。おいしいものを食べるのが大好きだが、仕事柄、体重管理には気をつけているという。

病院で働く管理栄養士勝本真理さんの1日レポート

午前9時
  • 1日の始まりはメールの確認から

  • 出勤したら、まずは新着メールがないか確認します。地域連携業務と兼務のため、他病院への受診予約の状況確認などが必要なほか、入院患者さんの食事の変更の連絡があった際は、医師の指示に従って食種の変更を行ったりします。
メールの確認で1日がスタート
line 午前10時
  • 栄養相談室で外来の栄養指導に対応

  • 10時からは、外来の栄養指導の時間です。栄養指導は、患者さんと1対1、もしくは、必要があれば患者さんのご家族にもご同席いただいて応接します。患者さんが拒絶反応をおこさないよう、いつも笑顔で接することが、私なりに心がけているポイントですね。
つねに笑顔で栄養指導
line 午前11時
  • 入院患者さんの配膳前の昼食をチェック

  • この病院では調理をしておらず、委託先の給食会社から調理済みの料理が届けられます。院内のカートにセッティングされたのち、時間がくると自動的に加熱、提供されます。そこで、届いた料理が指示通りにできているか、分量、盛りつけ、とろみの調整など、調理の状態を一つひとつ確認していきます。患者さんの誤嚥を防ぐためにも、とても大切な作業です。
配膳前の昼食のチェック
line 午後0時=昼12時
  • 病室の食事摂取状況を確認

  • 病棟の昼食時間には、入院患者さんの食事の状況を見てまわります。食べにくそうにしている患者さんがいたら、何か問題がないか声を掛けて、食事内容の変更をすることもあります。ここまでで午前中の業務は終了です。
配膳前の昼食のチェック
line 午後1時
  • お昼休み(ランチタイム)

  • 病院が住宅街にあって外食するところも少ないので、ランチタイムは職員用の休憩室でお弁当を食べることが多いですね。低カロリーで満足感が得られるように、野菜たっぷりのお弁当を毎日手作りしています。
ランチでひと息
line 午後2時
  • パソコンを使って栄養価を計算

  • 患者さんの3日分の食事記録をもとに、パソコン使って栄養価を計算します。大手前でパソコンの授業を受けていたので、こうした仕事にも戸惑うことなく、すぐに馴染むことができました。
パソコンで栄養価を計算
line 午後4時
  • 病棟カンファレンスの報告を受けます

  • 病棟カンファレンス(事例検討)に参加した栄養科の先輩から、入院患者さんの状況について報告を受けます。そのほか、午前中の栄養指導の記録や資料作成、カルテチェックなどの業務が終われば、1日の仕事は終了です。
入院患者さんの状況報告を受ける
卒業生の1日レポート本文終了

※記事内容はすべて取材時のものです