• 大手前栄養製菓学院専門学校公式サイト
  • サイトマップ
  • サイトポリシー

TOPへ

保育所で働く大手前栄養製菓学院卒業生の1日レポート

今日の給食は何?今日の昼ご飯おいしかったよ!子どもたちと話すひとときが最高

管理栄養学科卒業生細川さんのメイン画像1

保育所の100人以上の子どもたちに、おいしいご飯やおやつを食べさせてあげたくて日々奮闘中。おいしいご飯を作るためには、楽しく作ることが大事。職場のスタッフとの連携も大切にしています。

管理栄養学科卒業生細川さんのメイン画像2 管理栄養学科卒業生細川さんのメイン画像3

細川美希さん(金沢学院短期大学出身)

大阪府茨木市の花たちばな保育園勤務、管理栄養士。
好きな言葉は、日本の「笑う門には福来る」と同じ意味にあたる英語のことわざ“Laugh and grow fat”(直訳は「笑って太れ」)。

保育所で働く管理栄養士細川美希さんの1日レポート

8時
  • 出勤したらさっそく昼食の準備に

  • 朝の最初の仕事は、お昼ご飯の準備です。野菜の皮むきなど、調理の下準備のほか、お茶を作ったり、お米を研いだり、前日のおやつの食器を片付けたり。他の2名のスタッフと毎日交替で役割を分担して行っています。
さっそくお昼ごはんづくりに
line 午前10時
  • 献立表をチェックしながら調理へ

  • メインのおかずを作るときは、野菜の下処理、カット、調理などを主に受け持ちます。献立表をチェックして、調味料の分量を確認しながら作業。サブのスタッフは、サラダや汁物の調理に取りかかります。平均7〜8種類の野菜を手作業で処理します。
献立表と違いがないか確認
line 午後1時
  • おやつ作りの合間に献立を作成

  • 1人のスタッフが午後のおやつを作り、他の2人のスタッフが食器洗浄や片付け、空いた時間に献立を作るというローテーションを組んでいます。和、洋、中華のさまざまな調理法と、鶏、牛、豚肉などの食材を組み合わせて、幼い成長期の子どもたちのためにバランスの良い献立を考えます。
献立作成はパソコンで
line 午後3時
  • おやつタイムの子供たちの様子をチェック

  • おやつタイムには、子どもたちがおやつを食べている様子を見てまわります。「おいしい?」と声をかけて、かわいい元気な声で「めっちゃおいしい!」と答えが返ってくると、嬉しくて励みになります。この仕事を選んでよかったと思える瞬間ですね。
おやつタイムのひととき
line 午後3時30分
  • 午後の休憩タイムでひと休み

  • 職員の控室で、給食室のスタッフと、お茶を飲んだり、お菓子をつまんだりしながら、おしゃべりする息抜きタイムです。雑談以外にも、仕事のことを打ち合わせたり、プライベートなことを相談する、楽しく貴重なコミュニケーションの時間になっています。
同僚と貴重なコミュニケーション
line 午後4時
  • 1日の片付けと事務処理で締めくくり

  • 給食室では、食中毒などの事故を防ぐため、厳重に衛生管理を行なっています。1日の終わりには、使用した食器類を洗浄して高熱の殺菌機に入れ、翌朝まで自動管理します。給食関係の実務作業が片付いたら、報告書や事務書類を作成して業務終了です。
衛生管理も給食室の重要な仕事
卒業生の1日レポート本文終了

※記事内容はすべて取材時のものです